報酬の金額と稼ぎやすさについて

在宅の副業では、そのほとんどが歩合によって報酬が支払われることになります。
例えばライティングの仕事の場合は、1記事100円や200円といった形で、執筆した記事数に応じて報酬が支払われるのです。
アルバイトの時給や日給、普段の仕事の月給とは根本的に異なるわけです。

さて、具体的な報酬金額に関しては、当然ですが案件によって大きく異なってきます。
当然ですが、初心者でも簡単にできる案件は、1記事100円や150円など低単価に抑えられているわけです。
一方で、専門知識を要するような案件は、1記事500円や1000円などかなりの高単価となっています。

一見すると、単価が高ければ高いほど、より多くの報酬を稼げるイメージを持つかもしれません。
ただ、必ずしも報酬金額が高ければ、稼ぎやすいとは限らないのです。

当然ですが、高単価の案件に関しては、それだけ要求される記事の質や内容も高いわけです。
そのため、仮に1記事800円の報酬だったとしても、執筆するのに1時間もかかってしまうと、時給は800円にしかならないのです。

一方で、低単価の案件はそこまで要求されることも多くないので、どんどん記事を書いていくことができます。
したがって、1記事150円程度の報酬でも、1時間に6記事執筆できれば時給900円になります。

つまり、報酬が高くても時間がかかってしまえば、結果的にあまり稼げなくなってしまいますし、逆に報酬が低くても短時間でこなすことができれば、それなりに稼ぐことができるわけです。

したがって、安易に報酬面だけを見て仕事を決めてしまうと、かえって稼ぎにくくなってしまうかもしれないので、ライティング内容も踏まえた上で決めるようにしましょう。

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る