個人的には低単価の仕事の方が稼げました

私は、SOHOサイトに登録をして在宅ライターの仕事を探しました。
元々文章を書くのが好きだったので、副業としては最適だと考えたのです。

さて、興味のある案件を2つ見つけたので、両方に応募してみることにしました。
1つは、1記事150円ほどの低単価で気軽にできる案件でした。
そしてもう1つは、1記事300円と少し高単価となっており、ただ色々な条件が設定されていました。

両方に応募したら、結果的に2つとも採用してもらうことができたので、時間にも余裕があるので両方に取り組んでみることにしました。
とりあえず、毎日2時間ほど作業することにしたのですが、それぞれ1時間ずつ費やすことにしました。

さて、この2つの案件を1ヶ月ほど続けてみたのですが、普通であれば1記事300円の高単価の案件の方が稼げると思っていました。
しかし実際は、むしろ低単価の案件の方が稼げたのです。

高単価の案件は、記事の書き方やジャンル、さらには構成指定など様々な条件があって、1記事書くだけでも結構な時間を使ったのです。
一方で低単価の案件は、特に条件など指定されず、自由に記事を書くことができたので、とてもスムーズにこなすことができました。

それによって、時給に換算すると高単価の案件は約800円、低単価の案件は約900円だったのです。
したがって、あくまでも私個人の場合ですが、低単価の仕事の方が稼げたわけです。

ただ、恐らくそれなりにスキルがある人なら、高単価の案件の方が稼げると思います。
私は、まだ始めたばかりということもあり、あまりライターとしてのスキルがなかったので、低単価の方が稼げたわけです。

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る